和空法隆寺で匂い袋づくり体験をしよう

和空法隆寺体験

先日、9月にオープンした旅館、和空法隆寺に行ってきました。
旅館内の詳細はこちら→http://naramaga.in/node/482

法隆寺の拝観時間は午後5時(冬場は午後4時半)。
夜はあいていないし、何をして過ごそうかな、という方におすすめなのが、旅館内でできる文化体験です。
茶道・華道・書道・香道など各種の日本文化体験ができちゃいます。

事前にHPのスケジュールから、その日に体験できるものを選んで予約してください。
それぞれの体験料金は旅館にお問い合わせくださいね。

https://hpdsp.jp/waqoo-horyuji/page1

今回は大和にほひ袋作りに参加してきました。
約10種類の漢方薬を使って、匂い袋を各自で調合する体験です。調合準備

集合時間になったらロビーで予約していた旨を伝えます。

そして会場へ。
他の宿泊者の方々と一緒に体験していきます。先生

部屋に入ると様々な香りがずらり。
うーん、見た目はどれも同じ感じだけど、どんな香りなんだろう…
あと漢字が全然読めないぞ…
香り

まずは先生からお香についてのレッスンがありました。
お香には種類が沢山あるらしい。塗香とか、あまり馴染みがないですよね。
色々あるんだなあ。
レッスン

歴史等も教えてもらったところで、早速調合スタート!

紙にそれぞれの分量が書いてあり、それに基づいて机にずらっと並んでいた香りを、全部お皿に出していきます。調合

因みに、分量は変更しても良いとのこと。
お皿に入れる前にそれぞれの香りを確認して、「この香りめっちゃ好き。」という香りは、多めに入れてもいいんですって。
逆に「この香り嫌い。」というものがあっても必ず少量入れないとバランスが悪くなるそうです。なので少しだけ入れます。
順番に香りが入ったビンがどんどん回ってくるので、もはや直感です。調合中

「あー、この香り…うーんなんか独特…」→次のビン「うーん?これは…なんかめっちゃきつい香りだな」
これ、大丈夫かな…めっちゃ酷い匂い袋完成してしまうんじゃないかな…
と不安いっぱいになりました。笑

というのも、よくある洋風な香りはなく、約10種類の漢方薬を原料としているので、単体だと薬っぽい感じの香りが多いです。
「ひとつひとつ強烈な香りなのですが、合わせることによって良い香りになります。」という先生の言葉を信じて調合をしていきます。

でも慣れない香りばかりで難しい!まぜる

これでいいや!ととりあえず入れ、全部混ぜてみると…なんかいい感じ!
布の袋と紙の小さい袋に入れて、匂い袋と文香の完成です。
文香は手紙に入れたり、殺菌効果があるものも入っているので、財布に入れてもいいんだそうです。

入れる
布の柄を選ぶこともできて楽しい。
袋詰め
袋に粉を詰めてから綿を入れ、りぼんで結びます

この体験で是非やってみてほしいことは、隣の人と香りを比べてみること!比べてみると全く違う香りになります!材料同じなのに!!
その日の体調とかによっても出来上がる香りが全然違うんだそうです。完成

是非お隣の方や一緒に参加したお友達と比べてみてください。

また、ロビーには塗香も用意されていました。他の旅館ではなかなかないサービスですよね。
塗香を塗って寝ることで、心を整え参拝の準備につなげることができます。塗香

和空法隆寺では、その他にもにぎり墨体験や、華道、いけばな体験、大和抹茶アート体験等、様々な体験ができたり、歴史について学べたりもできちゃいます。

皆さんも和空法隆寺にお泊りの際は是非体験してみてくださいね。


門前宿 和空法隆寺

【住所】奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1丁目5-32
【連絡先】個人のお客様向けお問合せ先:0745-70-1155
     旅行会社様向けお問合せ先:0745-75-7770
【アクセス】
     自動車:西名阪自動車道法隆寺ICより北へ5分
     電車:JR大和路線法隆寺駅下車。徒歩20分。
     送迎:JR大和路線法隆寺駅(南口交番前)より無料送迎があります。送迎をご希望のお客様は事前にご連絡ください。(TEL:0745-70-1155)
 ※予約状況により、ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。お早目のご連絡をお待ちしております。
     バス:
        ・法隆寺駅より「法隆寺参道」行きバス5分「法隆寺参道」下車
        ・JR王寺駅より「国道横田・シャープ前・法隆寺前」行きバス「法隆寺前」下車
        ・近鉄筒井駅より「JR王寺駅」行きバス「法隆寺前」下車
【ご予約はこちらから】https://hpdsp.jp/waqoo-horyuji/