ならマガRADIOレポート vol.29【ゲスト:中川書道教室・中川彩河さん】

ならマガRADIO

 

こんばんは!

アロマシンガーソングライター・ならマガRADIO番組担当の古財侑季です☆

 

 

 

ワタクシ古財の今日の更新は自身が担当している

ならどっとFMのラジオ番組、【ならマガRADIO】から!

【ならマガRADIO】の8月3週目放送分のレポートです!

 

ならマガRADIO

 

 

今回のゲストは中川書道教室の書道家・中川彩河(なかがわさいか)さん!

昨日の生放送では、中川さんが書道家を志すきっかけになったお話や

書道教室を展開した時の裏話、学校などの出前授業のお話などを

深く掘り下げてトークしました。

それでは順に紐解いていきましょう!

 

 

 

 

■プロフィールを簡単に教えてください!

 

中川さんは【中川書道教室】を経営されており、

生駒北部(西白庭台、あすか野中心)に書道教室を3つ展開されています。

中川さんは字の上達はもちろんのこと、

基本を大切にしながらも書くことを楽しんで欲しいという思いから、

「書楽伝導」をモットーとした指導をされています。

現在では約200名の生徒さんを持つ教室になっています。

また、学校の出前授業などにも行かれてます。

 

中川書道教室のホームページ
https://9696saika.jimdo.com/


中川書道教室のFacebookページ
https://www.facebook.com/431653397272212/

 

 

 

 

■書道教室を開いた経緯を教えてください!

 

元々中川さんは会社員として約10年働いていました。

会社員時代にも中川さんのお師匠さんと一緒に

週末に書道教室で教えていたこともあり、教えるスキルはあったけど、

その当時は書道教室を開くというのは考えていなかったそう。

奈良にマイホームを建てたことがきっかけで

会社に通えなくなったということで、奈良で書道教室を開くことに。

 

 

 

 

■書道を始めたきっかけは何でしょうか?

 

みんなが書道を辞めていきそうな小学校6年から書道を始めたという中川さん。

元々は中川さんの親御さんがペンの持ち方が変だから、

いずれ会社員になるだろうと思い、長く文字が書けるようにと

ペンの持ち方を直そうというきっかけから始めました。

 

書道というともっと小さい頃から始めているイメージが強いですが、

逆にいうと小学校の終わり頃から始めても

中川さんみたいに字を極めることができるという事ですね!

ペンの持ち方を直せば、大人になっても字は変わっていく。

そう考えるとなかなか夢のあるお話ですね。

 

ご本人曰く、続けようという思いも特になかったらしいです。

でも中学生になっても書道を続けられたのは、

その場にいる空間がよかった、先生もよかった。

つまり出会いがよかったから続けられたと中川さんは仰っていました。

 

 

 

 

■なぜ書道教室を始めようと思ったのですか?

 

中川さんは書道のスキル向上はもちろんの事なのですが、

そのことよりも「居心地のいい空間」を子どもたちに

作ってあげたいという思いが強かったそうです。

 

中川さんが得意な分野は書道だから、

その書道を使って何かをやりたいという思いはありました。

そしてそれが誰かの役に立てばいいなと思っていたそうです。

最初はそんなに大きくなるとは思ってもいなく、

気がつけば200人を超える生徒数になっていたそう。

その割合はほとんどが子どもですが、大学生もいるそうです。

 

働くというのがすごく大事だと思っていた中川さん。

会社員を辞めるというのがすごく嫌だったそうですが、

物理的に会社へ通うというのが難しくなってしまったため、

書道教室で自分が教えられる空間があればいいなという思いがあって、

奈良で書道教室を開くという決意をされました。

 

 

 

 

■書道教室の雰囲気を教えてください!

 

書道教室=静かというイメージがありますが、

実は中川さんの書道教室はそうでもないそう。

学校でもなく家庭でもない、習い事という違う場所で、

たわいもない話ができる場所づくりを心がけているそうです。

 

字も上手くなるように、少人数制で教えているそう。

集中するとこは自然と静かになるみたいです。

それは中川さんがいくらお話をしていても同じ雰囲気。

いや、むしろ子どもが「今喋りかけないで!」というくらいだそう(笑)

 

ちなみに中川さんは書道教室では話が面白いそうですが、

その内容は書道とは全く関係のないお話だそう。

そのお話が書道教室という空間の居心地をよくさせているのでしょうね。

自分もスイミングのお仕事をしていて、

このお話は書道教室と通ずる所があるのですごく共感できます。

 

 

 

 

■左ききの書道家はいますか?

 

これは左ききの古財が個人的に聞きたかったことです。

自身も書道の段は持って入るのですが、

ただそれは右手で書いた時に取得したものなんです。

 

結論から言うと、左ききの書道家はいらっしゃるそう!

ただ、右で書いた方が止めと払いがやりやすく、

少し筆を倒してもそれなりにいい線は出るそうなんですが、

左で書くときは完全にまっすぐ筆を立てて書かないと

いい線が出ないですよ、という話なんですって。

 

中川さん自身も、左ききの書道家がどんどん出れば

面白くなりますよね〜と仰っていました☆

中川書道教室では、左で書きたいという方がいらっしゃれば、

左手で書くことを教えてくださいます。

なので左ききの方も安心して通えます☆

 

 

 

 

■今後挑戦していきたいことは何ですか?

 

中川さん自身も海外へ書道のパフォーマンスに行ってます。

海外では日本の書道というのはすごく価値が高いそう。

海外での書道パフォーマンスで奈良でアピールしたり、

日本をアピールしたりすることができるので、

海外のイベントや奈良のお祭りやイベントで

パフォーマンスをしたいと考えていらっしゃるそうです!

 

あとは商店街のアーケードに長〜い半紙を用意して、

みんなでリレー形式で一文字や二文字ずつ書いていって、

書道の一つの作品として作りたいということも仰っていました!

 

 

 

 

■中川さんにとって書道とは?

 

端的にいうと「ツール」

そのツールでずっと社会と関わっていたいという思いをはじめ、

そして人と人とのつながりを作ったり、

人を幸せにするための「ツール」と中川さんは考えているそう。

 

 

 

ならマガRADIOにゲスト出演していただきました

中川書道教室の書道家・中川彩河さん、ありがとうございました!

そしていつも聴いてくださっているリスナーの皆さま、ありがとうございます!

 

 

 

次回のならマガRADIOは

 

9月19日(木)

21:00~22:00!

生放送でお送りします!

 

番組内で来たお便りもお時間の許す限り、随時読ませていただきます☆

ゲストはまた追ってならマガRADIOの公式サイトや

古財侑季のブログでお知らせいたします!

次回のならマガRADIOもお楽しみに~☆

ならマガRADIO

 

☆ならマガRADIOのHP

https://naramagaradio.themedia.jp/

☆ならマガ公式HP

http://naramaga.in/

☆編集奈良のFacebookページ

https://www.facebook.com/connectnara/

 

 

 

それでは、明日も素敵な一日を☆

次回のならマガRADIOの生放送もお楽しみに!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 
【古財侑季】 

☆HP → http://yuuki-kozai.jimdo.com/

☆Twitter →  @yuukikozai0521

☆Facebook →【古財侑季

☆Instagram →【kozaiyuuki

☆公式LINE@→【@xls7382n

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─