6/30(日)夏越の大祓で下半期をリスタート!

夏越の大祓

 

 

 

あっという間に2019年も折り返しとなりました。

みなさん、いかがお過ごしですか。

 

2019年も残り半分となった6月30日、日本各地の神社で「夏越の大祓」が行われます。

 

今回は奈良県桜井市三輪にある「大神神社」にお邪魔しました。

大神神社

 

 

「大祓」とは、半年の間についてしまった心身の穢れ、災厄の原因となる罪や過ちを、身代わりとなる人形に託して、祓い清める行事です。

「大祓」は年に2回、12月大晦日と6月晦日に行われ、6月に行う大祓は「夏越の大祓」と呼ばれています。

「夏越の大祓」では、大祓を行った後、茅(ちがや)や藁で作った茅の輪を「水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 のぶといふなり」と古歌を唱えながら3回くぐります。

 

茅の輪くぐり

 

大神神社では、悪天候の中多くの参拝者が列をなし、茅の輪をくぐり無病息災を祈っていました。

今回お邪魔した大神神社は6月30日だけではなく、6月22日から7月7日まで「三輪の茅の輪」が設けられています。

 

三輪の茅の輪

 

「この半年あんまり良いことなかったなあ」

「残り半年、新たに気持ちを切り替えて過ごしたい!」

そんな思いがある方は、是非!大神神社で「茅の輪くぐり」をしてみてください。

あなたの2019年が、もっと素敵な日々になりますように!

 

 

 

 

【大神神社】

〒633-8538

奈良県桜井市三輪1422

TEL: 0744-42-6633

JR桜井線「三輪」駅より徒歩5分

HP: http://oomiwa.or.jp

「大祓」に関する参考リンク: https://www.jinjahoncho.or.jp/omatsuri/jinja_no_omatsuri/ooharae