ならマガダーツの旅第3弾~安倍文殊院編~

表紙


ならマガダーツの旅第3弾

行き先は安倍文殊院

今回はお寺編で、
3回の記事に分けてのご報告です🍀

 

安倍文殊院は、日本最古の寺院です。

大化の改新の時に造られたそうです。


さて、ここで問題!大化改新は何年でしょうか
 

 

 

 

 


正解は…645年ですね、覚えてました?

あと、ここには安倍仲麻呂公や安倍晴明公といった安倍一族が祭られているそう‼

そういうこともあって「御祈祷の寺」ともいわれ、

ありとあらゆる願いを叶えてくれるんだとか。これは行くっきゃない💕

 

という訳でやってきました、安倍文殊院⭐⭐

いし

駐車料金は500円かかります。
タクシーとかで来ている人とかも多かったです。

境内は結構広い🌺🌺🌺
境内
 

 

駐車場からすぐに、金閣浮御堂が見えます。

うき

桜が咲いている時期はもっとキレイなはず!!!!!

 

この中には安倍晴明像とかがあります。

安倍文殊院は、陰陽師でおなじみの安倍晴明が修行をした場所でもあるんだって。

金閣浮御堂霊宝館
(七まいりおさめ札・
お守り付き)

大人(中学生以上)

700円

小学生

500円

 

 

本堂へもレッツゴー🏃🏃🏃🏃🏃

本堂

 

快慶が造った、文殊菩薩がご本尊です。

「三人寄れば文殊の知恵」って言った人ですよ!!

この本尊は、日本三文殊とも言われていて、日本三大の文殊菩薩のひとつ。

貴重な貴重な国宝です。

本堂 国宝文殊菩薩
(お抹茶・菓子付き)

大人(中学生以上)

700円

小学生

500円

 

いっぱい飾ってある絵馬は全部学問、受験に関する絵馬でした。

中には合格したという報告に再度お参りをしている人も✨

 

 

でも、最初に言いましたよね。

ここはあらゆる願いを叶えてくれると。



で、そんな色んな願いを叶えてくれるのは十一面観音様です。

頭に顔が沢山ある…
頭に顔が沢山ある…

 

 

 

 

背後もよくよく見てください…

背後

 

…小さい観音様がいっぱいおる!!!

これにはメンバーも圧倒…

 

さらにその隣にある、縁結びの神様の元へも行ってきました!!!

白山堂です。

あ

絵馬もハートでかわいい💛

ハート

 

まだまだ行きましょう。

白山堂の横には小高い丘があります。

のぼる

 

ここは展望台になっていて、境内全体を見渡せます

と

かつて安倍晴明が天文観測を行った場所なんだとか🌟

 

展望台からはこんな花絵も見れました。

えと
その年の干支が描かれている。コスモスの時期にはコスモス迷路も。

 

また、ここには安倍晴明堂も。

さんぱい

 

お参りのルールが難しい。

るーる

 

如意宝珠をなでるんだって。

如意
如意宝珠

 

 

で、その横には…ウォーナー碑??

ウォーナー

 

え、ありがとう??

thanks

 

実は、この方はアメリカの東洋美術研究家で、

太平洋戦争の時に米軍を説得し、

奈良や京都とかの芸術的歴史的建造物を空爆から救ったといわれている人なんですって。

こんな所に石碑があるんですね…!!

 

 

 

さて、まだまだありますよ。

本堂の裏手には、鳥居が沢山!!

登ってみると

とりい

安倍晴明の母親の白狐を祭っている、稲荷神社です!

金運を上げたい方はこちらにお参りしましょう。

きんうん

 

 

お参りのルール、やっぱり難しい。

参拝

 

こんな風に色々と見ごたえがある安倍文殊院。

実は紹介しきれなかったあれこれもあります。

 

是非行ってみてください!!

 

安倍文殊院

〒633-0054 奈良県桜井市阿部645 (桜井駅下車西南2キロ)

 

拝観時間 9時~17時
ご祈祷受付 9時~16時

拝観料金
参拝コース 大人(中学生以上) 小学生
A. 本堂 国宝文殊菩薩
(お抹茶・菓子付き)
700円 500円
B. 金閣浮御堂霊宝館
(七まいりおさめ札・
お守り付き)
700円 500円
A + B 二ヶ所共通拝観券 1200円 800円

 

※お金がかからない場所だけでもかなりの見ごたえががあるよ。

 

 

 

そのあとは、車で移動し、近くのこんな井戸も見て来ました。

いど

これ、なんだと思います??

櫻の井っていう井戸なんです。

 

そう!!桜井市の由来になった井戸なんです。

 

桜井の井は本当に井戸の井だったんですね。

 

詳しい由来としては諸説あるようですが、

この井戸の水は昔々、履中天皇(りちゅうてんのう)が美味しい!!と言った水だそう。

 

この近くに若桜部氏のご先祖様を祭っている若櫻神社があって、

井戸のほとりに桜が植えられていたことから「桜の井」と呼ばれていたそうです。

 

場所が少し分かりにくいので、是非探してみてください。

ヒントは若櫻神社の近くですよ!!!

 

桜の井

〒633-0053 桜井市谷

 

という訳で、お寺編はここまで🐣

次回もお楽しみにー🌸🌸🌸🌸