ならマガRADIOレポート vol.6【ゲスト:ピアニスト・榊原明子さん】

ならマガRADIO

こんばんは!

アロマシンガーソングライター古財侑季です☆

 

 

今日の更新はならマガRADIOのレポート!

9月1週目放送分のレポートです!

 

ここ

 

いつも通り生放送の合間のスタジオから集合写真。

写真を撮影してくださった小笹さん、いつもありがとうございます☆

 

 

今日のゲストはピアニストの榊原明子さん!

榊原さんは奈良を拠点に活動するピアニストさんです。

クラシック・ジャズ・ポピュラー・即興・オリジナルなど演奏し、

作曲・編曲のジャンルは多岐に渡り、

伝統芸能・民族音楽とのコラボレーション・作編曲もされています。

 

 

日本音楽表現学会、奈良県音楽芸術協会、奈良市音楽協会会員。

レーベル「AMIDA LABEL」代表、団体「ピアノで奈良を奏でる会」代表、

「伝統の未来を見つめる会」役員、楽団「奈良楽譜」主宰。

古都飛鳥保存財団飛鳥応援大使。

肩書きがすごすぎる・・・!

 

 

 

この日の放送では、榊原さんの音楽活動のほかに

【重衡】という能楽作品を奈良で企画されたりしていることについて

たくさんお話していただきました。

 

 

みなさん、「重衡」という能楽作品はご存知ですか?

「重衡」というのは平重衡(たいらのしげひら)のことで、

平将門(たいらのまさかど)の息子にあたります。

平家物語における平重衡の南都焼討に取材した能楽作品です。

大仏を含む東大寺興福寺の伽藍を焼いて仏徒を殺戮した

自らの罪の深さにおののき、仏敵に堕ちた身でありながら

仏の救いを求める重衡の苦悩と業を描いた修羅能です。

 

 

先ほども挙げましたが、平重衡は平家の一人で平将門の息子、

平氏の大将の一人として各地で戦い、

南都焼討を行って東大寺大仏や興福寺を焼亡させた武将です。

墨俣川の戦いや水島の戦いで勝利して活躍しますが、

一ノ谷の戦いで捕虜になり鎌倉へ護送されました。

 

 

ちなみにこの「重衡」ですが、500年以上演じられなかった時代があり

途絶えていましたが、復刻能1983年(昭和58年)に

浅見真州によって復曲されました。

 

 

奈良で「重衡」をやった時は

人間国宝の大槻文藏氏に出演していただきました!

人間国宝が出演されるのは本当にすごい事!

東大寺の焼き討ちなど、奈良に色々悪縁があるといわれる平重衡ですが、

奈良で「重衡」をやろうと思ったのは歴史を知らない人でも

歴史を知ってもらいたい、歴史を知るきっかけを作りたいという思いが

榊原さんの中にあったからだそうです。

 

 

実際に「重衡」でやった能楽をバックで流しながら

「重衡」の能楽の説明を榊原さんが熱く語ってくれました!

打ち合わせの時には能面の説明もしてくださり、

能面は角度によって泣く表情や怒った表情などを演ずる、

それの演じ分けがすごく難しいのだと思いますという事も語ってました!

 

 

そんな榊原さんですが、

今年で20周年を迎えたバサラ祭りの20周年記念テーマソング、

「バサラ大和意気」作曲と編曲も手掛けられており、

バサラ祭り当日には生演奏も披露されました!

 

 

あとはコチラ!

 

このミスタードーナツのCMの音楽も手掛けられています。

 

 

そして、近鉄奈良駅近くの

登大路ホテルの映像音楽も手掛けられています。

 

このように、音楽の実績もたくさんお持ちです!

ワタクシ自身も見習わなければいけないことだらけでした!

今回のお話は本当に目からウロコ☆

 

 

ならマガRADIOにゲスト出演していただきました

ピアニストの榊原明子さん、本当にありがとうございました!

 

 

☆ならマガRADIOのHP

https://naramagaradio.themedia.jp/

☆ならマガ公式HP

http://naramaga.in/

☆編集奈良のFacebookページ

https://www.facebook.com/connectnara/

 

 

9月3週目のレポートはまた後ほど!

それでは、明日も素敵な一日を☆

次回のレポートもお楽しみに!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 
【古財侑季】 

☆HP → http://yuuki-kozai.jimdo.com/

☆Twitter →  @yuukikozai0521

☆Facebook →【古財侑季

☆Instagram →【kozaiyuuki
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─