奈良ビト Vol.3 「三原 賢治」(amanojack design代表)

奈良, 店, 三条通 (46)

今回の奈良ビトは、デザイン事務所『amanojack design』代表、三原 賢治さんです!

奈良市を拠点に、グラフィック・Webサイト・イラスト・キャラクター ・ライセンスを手掛けておられるデザイナーさんです。本人

現在のお仕事のキッカケは、「デザインを勉強しながら奈良で働かないか?」と誘われたことだそうです。徳島出身の三原さん、なぜ奈良に魅力を感じたのでしょう?理由は4つでした。

  ◆東京の人混みが苦手。田舎が好き。

  ◆都会の「ゴリゴリ」が嫌い。

  ◆大きい仕事は、東京だと思う。でも、地方には地方なりの面白い仕事がある。

  ◆奈良は、日本の文化や歴史の強みがある。奈良

 

様々なデザインを生み出されていますが、中でもROKUちゃん』という、キャラクターを考案され、それがたいへん人気です。奈良生まれの鹿がモチーフで、仲間のキャラクターもいます。ロク

 

ROKUちゃん」、実は奈良以上に、台湾で爆発的人気があります。なぜ、台湾で展開されているのでしょう?理由は、たくさんありました。

  ◆日本では、ゆるきゃらブームもあり、2015年では、1714体以上も存在している。飽和状態。

  ◆ゆるキャラでなく、王道のキャラクターを目指したい。海外に出ると、「奈良のご当地キャラ」ではなく、『日本のキャラクター』として見てもらえるのでは?

  ◆台湾人の有名ブローガーに取り上げられた。

  ◆キャラクターを使った看板などが多い。日本ではあまり作らない銀行などの業種でも。ただ、あまりかわいらしくないのが多く、ビジネスチャンスありと思う。

  ◆男女を問わず、キャラクターを受け入れる年齢層が広い。

  ◆ビジネスの話がわかりやすい。無理なら、あからさまに嫌な顔をされる。日本と違う。

  ◆台湾の人は、とにかく優しい。

  ◆会社の大小は関係なし。可能性があるものを採用してくれる。台湾

 

夢も教えて下さいました。

  ◆奈良に、事務所兼ショップ兼カフェを作りたい。

  ◆奈良を「ROKUちゃん」でジャックしたい。ジャック

 

実際にキャラクターグッズをご覧になりたい方は、ショップspace ROKU -the 3rd street-を覗いてみて下さい。場所は、三条通×やすらぎの道の交差点です。人気ぶりがよくわかりますよ!店

三原 賢治さん、今後もどんなデザインをあみ出されるのか?注目ですね!!