The Japanese flower arrangement "IKEBANA" in Nara★2★~Hannyaji-temple~

奈良,芸術,三条通,観光,生け花,いけばな,池坊,フラワーアレンジメント

 

タイトルは、英語ですが、日本語で紹介します。

“いけばな”に、まつわる連載の第2回目です。

 

今回の“いけばな”は、鮮やかな色の「コスモス」と、対称的に暗めの色の「レッドフォックス」を取り合わせました。i

両方とも細くて繊細なので、風に揺られている様に生けると、秋の季節感や趣を表現することが出来ます。

 

その中で、『コスモス』について少し書きます。花びらが桜に似ていることから「秋桜(あきざくら)」とも言われる、秋を代表する花の一つです。コスモス

日本では、北海道~九州まで、栽培に適している場所が多く、各地で植えられています。

奈良では、「日本最古のコスモス名所」される『般若寺(Hannyaji-temple)』という所が、全国的に有名です。別名「コスモス寺」という愛称で呼ばれるくらい、コスモスがお寺の境内全体に植えられています。般若寺

その本数、約15万本だそうです。なので、コスモスが咲く時期には、特に多くの見物客で賑わっています。有名

場所は、JR奈良駅からバスで15分程の所です。

 

般若寺に着くと、まず『楼門』があります。門

鎌倉時代に造られた国宝です。鎌倉

 

拝観料の500円を払って、楼門をくぐると、コスモスだけでなく、ミカンの木があり、実も生っていました。日本で唯一の野生ミカン、「橘」と言うらしいです。みかん

 

こちらが本堂です。奈良県指定文化財になっています。本堂

ずっと昔は、別の建物だったようですが、戦国時代に焼失し、江戸時代に再建されました。

 

塔もあります。『十三重石宝塔』です。塔

現在の塔は、鎌倉時代に再建され、高さ14.2mです。重要文化財にもなっている日本を代表する石塔です。

 

コスモスには、たくさんの種類がありますが、2016年の般若寺では、20種類を植えられたそうです。イエロー

般若寺の方にお話しを伺うと、「コスモスは、だいたいピンク色だけど、レモンイエローの花が咲く『イエローガーデン』という種類のコスモスが珍しい。」とのことでした。

 

今回は、「コスモス」についてでしたが、実際にどのように花が咲いているのかを見てから花を生けることも、“いけばな”が上達する一要素です。

こんな感じで、また連載していきますので、お楽しみに!!

http://www.tanaka-ikebana-school.com/