奈良の超有名ラーメン店「まりお流」にはここだけにしかない変な自販機がある 【ならグルメ】

まりお流ラーメン

 

「今日ご紹介するのはみんな大好きラーメン屋さんです!」

ラーメン屋の中でも、奈良で有名なラーメン屋さんの一つ「まりお流」です。
国道24号線沿いにあり、北向きの車線の方、平城旧跡をまたぐための陸橋付近に店があります。
こちらの店は、他の府県からもわざわざ食べにくる客がいるほど有名店。
私が大学生の時、もう10年以上前から営業されており、
奈良のラーメン好きで知らない人はいないといわれるほどです。
まりお流店構え

 

「こってりラーメンの聖地」


さてここのラーメン、なんでそんなに有名かといいますと…
「超油ギッシュ!!」
なんていうんでしょう、背油系というよりは「油」です。
日本で一番「油」っぽいのじゃないかといわれています。

そして久々に突撃!

今日はそんな「まりお流」に突撃していきました。
私自身、おそらく5年ぶりとかです。
意気揚々と18時30分くらいにお店に到着。
しかしもうすでにすごいたくさんの人が店の前で待っています。
もちろん店内は満員。
そして待っているのは10数組。

決して店内の席数が少ないわけではなく、こういうラーメン店にしてはむしろ席数が多い方です。
およそ待つこと40分。
やっと店内へ。
まりお流店内

 

てか、濃度って何??


まりお流ではラーメンの名前の横に必ずなぜか濃度が書かれています。
ラーメンのくせに「濃度ってなやねん!」と声を大にして言いたいですが、
もちろん濃度とは油の濃さです。。
この辺いろいろツッコミどころありますが、今回のレポートでは割愛します。

私が今回頼んだのは「貝と豚骨のWスープ」濃度3+トントロチャーシューです。
そして出てきたのがこれ!!
貝と豚骨のWスープ

う、うん。
スープの水面から水深1センチくらいは油です。
少し箸を止めると、油の膜が張り出します。。
濃度3でこれか…。。
いや、トントロチャーシューが悪かったのかも…。
そして、そんなスープなので、私の舌では「貝」の繊細な優しさを感じ取ることはできず。
そんなこんなで何とか完食。
30代の体にはだいぶダメージを食らいました。
 

自販機がなんかおかしい…

無事(?)食べ終わり店の外に出て、少しすっきりしたいなと思い、
店の横の自販機をみてびっくり。

なんやこれは?!?!
黒ウーロン販売機

上の一列全部黒ウーロンやないかww
なるほど、これで体の中への油の吸収を抑えるって…
手遅れやろ…黒ウーロンの効能に期待しすぎじゃないのか??
ほんまに黒ウーロンでこの油っこさはリセットされるのか??
てか、ここで黒ウーロン飲むくらいなら最初から食べるなよw
そんなこと思ってましたが、店から出てくる人3人に1人くらい、黒ウーロン買っていきます。
上段一列使うのも納得。

日本一黒ウーロンが売れる自販機ですねきっと。
ええ商売だ。
い、いや、そうじゃなくてきっと店長の優しさに違いないと思いました。

ならマガメンバーではまりお流のメニューをコンプリートすべく頑張ります。
協力いただける方はご連絡を!