まるで昭和にタイムスリップ?!角振町の「日の出屋食堂」の定食はとっても〇〇な味だった!【ならグルメ】

日の出や食堂外

みなさんは角振町の日の出屋食堂をご存知ですか?

こんにちわ!ならマガ!高カロリー担当です。

今日ご紹介するのは、近鉄奈良駅付近によく行かれる方なら絶対に見たことがあるであろうお店、「日の出屋食堂」さんです。

場所はと言いますと、近鉄奈良駅から小西さくら通り商店街を突き抜け、そのまま「Cafe de CRIE」さんもスルーして昔ながらの駐車場の横にあります。

お店の佇まいはこちらです。
日の出屋食堂外
 

きっと皆さん通ったことあると思います!

店の外にはメニューのイメージ写真が飾ってあります。

時代は感じますが・・結構メニューは豊富です。

外観メニューは

お腹がだいぶすいていたので、意気揚々と店内へ。

店内ではおばちゃんが陽気に出迎えてくれました。

席数で言いますと20数席です。お昼時ということもあって、すでにお客さんが何組かいらしてました。

冷たいお茶をおばちゃんが持ってきてくれるのですが、見事に昔ながらの「ASAHI」と書かれた瓶ビールから注ぐためのガラスのコップです。

メニューはこちら。

日の出屋食堂メニューは

やはりメニューは豊富です。一瞬迷いましたが、から揚げマニアの私としては初見のお店でから揚げがあると食べないわけにはいきません。(奈良で食べれるから揚げを食べ尽くす予定です。詳しくはこちら!

 

即若鶏から揚げ定食を注文。

店内見回してみると、いろんなところで昭和の香りや、手作り感が満載です。

日の出屋食堂店内

注文してから待つこと約10分。(けっこうかかりましたw)

 

から揚げ定食やってきました。

日の出屋食堂若鶏から揚げ定食

見るからにオーソドックス!!

野菜にお味噌汁、漬物。ご飯の量は少し多めです。

味はと言いますと、まずサラダ。

「?!」

明らかに何かドレッシング的なものがかかっているのですが、超味が「薄い」!!

 

そして、から揚げを箸でもってみるとびっくり!!

こっちはから揚げなのに厚みが全くなく「薄い」!

鶏肉を丸めて揚げているのではなくて、トンカツみたいに切って揚げてあります。

肝心の味はと言いますと、これまた「薄い」!!

中の肉は下味なしの鶏ムネ肉であると思われます。

 

そこに衣はまるでピカタのように小麦粉、塩、コショウの味付けだけじゃないかな?と思われます。

ただ、「薄い」のですが、美味しくないことはないです。

テーブルの上にあるソースや醤油をつければちょうどいい味になります。

昔懐かしい家庭の味がします。

日の出屋食堂なか

そして気づきました。。

私が入店してからも何人もお客さんが来られているのですが、全てけっこうお年を召されたお客さんなのです。

そうです。きっと全て薄いのはお客さんことを考えてなのだと思います。

野菜もコテコテのドレッシングをかけちゃったらご高齢の方は食べにくいでしょう。

また、から揚げも肉の塊のようなから揚げを出してしまうと、こちらもご高齢の方が食べるには難儀です。

 

お客さんの健康面も考え、食事を楽しくしてもらうためにも、たくさんの配慮があるお店なのだと感じました。

つまりは、この「日の出屋食堂」さんはお客さんにとても優しい店だったのです。

とっても素敵だなと感じながらお会計をしてお店を出ました。

 

いろんなおしゃれな店とかができてくる中、奈良の町の中でこういった食堂が残って、地域のご高齢の方の胃袋を満足させていると思うとすごいなあと。

ならマガ!グルメ班として、「ならグルメ」のコーナーでもこういったお店もどんどん取り上げていきたいなと思いました。

ぜひ「日の出屋食堂」さんの「優しさ」に包まれたくなったらぜひ足を運んでみてください!!