しあわせ回廊 なら瑠璃絵①【はるぴょん連載11】

はるぴょん奈良瑠璃絵①

 

こんにちは♪

ならマガリポーターガールのはるぴょんです♡

 

2月になり、ぐっと冷え込む日が増えてきましたね!

そんな寒い日にとっておきの、”なら瑠璃絵”に行って来ました。

 

なら瑠璃絵とは、2月8日(水)から14日(火)まで、春日大社・興福寺・東大寺・奈良国立博物館・奈良公園一帯で開催されているイベントで、期間中に夜間特別拝観を実施している三社寺を、幻想的な光の道でつなぐイルミネーションイベントです☆

 

はるぴょん12-1


とても広範囲にわたって開催される壮大なイベントの為、数回に分けて記事を書こうと思います。

まず、近鉄奈良駅から歩いて行くと、興福寺エリアのイルミネーションが見えてきます☆

五重塔へ向かって歩いて行くと、光オブジェが出迎えてくれます。

はるぴょん奈良瑠璃絵2


オブジェを1つ1つ見ると、それぞれに”なら瑠璃絵”と書かれた筒が付けられていて手が込んでいました。

はるぴょん瑠璃絵3

光のオブジェを通り抜けると、東金堂と五重塔が見えます!

こちらでは、東金堂の夜間拝観と五重塔ライトアップが行われていました。

はるぴょん五重塔

暗闇にそびえ立つ五重塔は、お昼に見た時以上に、迫力と存在感がありますね☆

 

興福寺エリアから、次は奈良国立博物館へ向かいます。

奈良国立博物館エリアにも、光のオブジェがあり、博物館の夜間開館が行われていました♪

ちなみに今現在の展示は、「お水取り」・「珠玉の仏教美術」・「珠玉の仏たち」です!

博物館新館の前にある光オブジェと、オブジェが水面に映る様子が幻想的でした☆

はるぴょん瑠璃絵5

あとは、夜空に浮かぶ謎の球体!笑

はるぴょん謎の球体

近くでよく見ると・・・とても綺麗☆☆

はるぴょんと謎の球体

揺れる謎の球体をボーっと眺めているのが心地よかったです。

 

 

暗闇でのライトアップとの自撮りにも挑戦しました!!

 

どうですか??

はるぴょん自撮り

イルミネーションを背景に、スマートフォンのインカメラで自撮りをするのはなかなか大変ですよね。

 

人物に焦点を合わせると背景が真っ暗になっていまい、背景に焦点を合わせると人物が真っ白になってしまい・・・

スマートフォンに取り付けられる自撮りライトというアイテムが出回っているので、それを使うのが手っ取り早いのですが、何もアイテムがない時のコツとして、わたしは街灯やお店の明かりに近づき人物を照らしながら撮るという手段を取っています。

上の写真も、しゃがみ込んで、奈良公園内の足元を照らす街灯に照らされながら撮りました☆

 

なら瑠璃絵で記念撮影をする時の参考にしてみてください♪