子供たちに人気の「ベイブレードバースト」の大会がイトーヨーカドー奈良店で行われていた!

ベイブレード大会

 

みなさんは今子供たちに大人気のおもちゃ、「ベイブレードバースト」をご存知でしょうか??


一言でいうと、昔からあるコマ回しの現代版みたいなものです。
「ベイ」と呼ばれるいわゆる「コマ」を、「ランチャー」と呼ばれるものにセットして、一斉に放ち(シュートと呼ばれてます)ます。
もう文字にするとわけわからんですねww

で、どうやって勝ち負けを判断するかというと、1つは「コマ」で想像つく通り、より長く回ってた方が勝ちで、場外に弾き飛ばしても勝ちです。

実はこの「ベイブレードバースト」もう一つ勝ちが決め手があります。
「バースト」というだけに、「ベイ」が大きなダメージを受けると、3つのパーツに分解されてしまいます。
つまり、ガチャガチャぶつかりあって、相手の「ベイ」をばらばらにさせても勝ちです。(バーストと呼ばれます)
こちらのガジェット通信さんの動画がわかりやすいかと。

 

 

 


今回、イトーヨーカドー奈良店にて、この「ベイブレードバースト」の大会が行われるという情報をえて、見てきました。

イトーヨーカドー

大会が始まるのは11時からだったのですが、30分前に会場の5階特設会場に行くともう熱気がムンムン。
もうすでに小学生が20人くらい。
ベイブレードを戦わせるベイスタジアムが2つあって、そこに小学生がたくさん「ベイ」をもって集まっていました。

熱気ムンムン小学生

大会はトーナメントで行われ、32人しか参加できません。
それ以上の参加者が来ると抽選になります。
10時45分の受付時間までに集まった小学生は、33人。
さすがに1人だけ参加できないってのはかわいそうなので、イトーヨーカドーさんの好意で33人全員参加できることに。
男の子ばっかりかと思いきや、4分の1くらいは意外にも女の子でした。

ベイトーナメント

全員に整理券が配られ、抽選で1対1のトーナメントが組まれました。
勝負の方法は準決勝までは2ポイント先取です。
普通は1ポイントなのですが、相手をバーストさせた場合は2点になります。
つまり、負けていても、相手をバーストさせれば逆転勝ちです。

ここからはもう2人ずつがスタジアムの前に呼ばれ、そのスタジアムをたくさんの小学生が取り囲む感じです。
1試合終わるごとに小学生が本気で悲しんだり、喜んだり。。
友達を応援したり、祈っていたり。
負けて泣いてしまう小学生もたくさんいました。

トーナメント始まる

それだけ子供たちにとって本気の勝負なのだと感じました。

この「ベイブレードバースト」の大会は、奈良県内で週1回程度行われているようです。
来週は10月30日に登美が丘イオンモールのジョーシンで行われます。
場合によっては、参加するのに抽選になることもよくあるそうです。
詳しくは「ベイブレードバースト」公式サイトにて!